がんばろうな日々 ~浪人編~
3月3日、浪人決定――。 とにかくW大学に行きたくてたまらない、 そんな感じのブログです。 ご笑覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トルコは治安がいいらしい
20070616211410
(←地元のヨーカドー前にて。携帯のフォルダ整理してたら出てきました。
三匹の犬が、全く同じ方を向いてお座りして待ってました。かわいすぎ。)

毎週土曜日は、英文法サプリ。
復習が追いついていない俺にとって、
この講座はマジでありがたいんです。
文法の超基礎事項を再チェック。
暑い夏に向け、じっくりと行きます。

****************

今日も行ってきました。文化講演会。
ちょっと前に琵琶の企画がありましたよね。
アレの第二弾です。

今日のテーマは『イスラム文化圏の女性』。
最初は行く気無かったんですけど、
講演会の担当講師がお世話になってる谷先生だったので、
ぶっちゃけ、半分は義理のつもりで行ってきました。

とはいっても、なんだかバッチリ楽しんでしまった。妙に悔しいです。

テーマは何やら世界史的なんですけど、
行ってビックリ、本当に楽しい話でした。
いや、話自体はつまらなかったけど、(失礼)
中身はとても興味のそそられる話でした。

話の中身を一言で言うと、
『トルコにおける民主主義推進派とイスラム原理主義者の対立を
ムスリム女性の"スカーフ"に注目して考察する』って感じでした。
俺はイスラム関係の知識は皆無なので、
(しかも世界史もやってないし、)
あんまりつっこんだ話はできませんけど。

なんでも、
"伝統的なスカーフを巻いているから保守派"
"スカーフを巻いてないから革新派"
っていう構図は、最近では当てはまらなくなってきてるみたいなんです。
ミニスカートでヘソ出しのイスラム教徒とか、
ただのファッション感覚でスカーフを巻いてる人とか、
最近はそんな人が大勢いるそうです。

宗教に対する考え方はどんどん変化していって、
色んな考え方が混ざりあって、
古くからの伝統や慣習はどんどん変化していくんです。
これは、どうやらどこの国でも同じみたいですね。

伝統を守るのも、発展させるのも、捨てるのも、その人次第。
少し寂しい気もしますけど、やっぱりそんなもんなんでしょうか。

結局、
『人を外見で判断しちゃいけない』
ってことです。
安直なまとめですいません。

******************

話は変わって。

最近、よくギターを弾いてます。
もうね、開き直りました。
弾いてスッキリして、お勉強してます。

で、だ。
その勢いで、曲、書いてしまった。
懲りずに、またもや応援歌チックな仕上がりです。
お前が頑張れって話ですよね。ホントに懲りない男だ。

個人的には、なかなか満足のいく出来なんです。
でも、今はいい曲が出来るより、英語の偏差値が上がった方がどんなにか。
この話はやめとこう。

***

新曲『烏丸ダイアリー』
キーワードは、
・受験
・桜
・遠距離恋愛

応援歌シリーズ第二弾として
来年CDになるかもしれないし、
永久にお蔵入りかもしれない。
(どっちになるか以前に、まず気が早い。)

でもまぁ、せっかく河合塾での浪人生活を歌った曲なので、
河合塾のCMソングにならないかなーとか、
河合塾の関係者がこのブログ読んでないかなーとか、
河合塾のお偉いさんが興味もってくれないかなーとか、
とっても甘い考えが頭の中をグルグル駆け巡っているのでした。
チャンチャン。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tomboya.blog91.fc2.com/tb.php/79-5062aa8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。