がんばろうな日々 ~浪人編~
3月3日、浪人決定――。 とにかくW大学に行きたくてたまらない、 そんな感じのブログです。 ご笑覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
嘘は力なり
20070615074223
*昨日書いた文章、更新されてませんでした。
せっかくなので、今アップします。遅くなってすいません。*

(←友達が描いてくれた、"幸子さん"のイメージ図。
おー、普通にかわいい。二次元に恋はしないけど。)

昨日の"幸子さん"のことを友達(女)に話したら、
「今時そんな子いねーよ。」と
バッサリ切り捨てられました。
妄想なんて所詮こんなもんか。

***

とは言っても、その程度じゃ止まらないのが男の妄想力。
俺にかかれば、妄想だけで恋愛大河小説が書けるってもんよ。

ってわけで、今日は『幸子との出会い~戸山キャンパス編~』をお届けします
とかなんとか思ったけど、さすがにこれ以上突っ走るとシャレにならん。
やめとこうね。

*****************

"妄想"に関連して。
ちょっと真面目な話。

突然なんですけど、
妄想っていう行為は、劇作において非常に大事な要素らしいです。
妄想というより、想像力っていうんでしょうか。
想像して、頭の中で創造する力。
嘘をつりだす力。
よりリアルな嘘をつく精神。
これが、脚本づくり(特にコメディ作り)で生きてくるそうなんです。

これについては、ちゃんとした人が書いています。
かの有名な劇作家の、別役実さん。

別役さんが言うには、
『嘘をつく場合、例えば、
「俺がこんな事を言ったら、アイツはこんな風に驚くだろうな」とか、
そうやって相手の反応を予想している。
"笑い"にもそれに近いものがあって、
常に相手の反応を読み、その相手の感受性に対して
敏感にならなければならない。
嘘をつく時の精神と、ウケを狙うときの精神は非常に似ている。
嘘を考えるのは、脚本づくりのいい準備運動になる。』

と、(記憶があいまいなんですけど、)こんな事を書いてました。

嘘を、事もなげに、無表情で、サラッと。
これが、笑いに繋がる一つのヒントみたいです。

***

それにしても。
"幸子さん"は無いにしても、
そんな人と出会えたらいいなーとか思っちゃう俺は、
もう、恋に恋するお年頃ってヤツですかね。
いよいよ狂ってきたか。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
毎日毎日、
沢山のコメントありがとうございます。
本当に励みになります。

基本的にコメントにはお返事を出したいんですけど、
シークレットメッセージにはどう返したらいいですかね(;^A^)
せっかく"隠し"でコメントもらったのに、
俺が変に返事を書くと中身バレますよね…。

基本的に、"隠し"には直接コメントを返さないことにします。
(返事が欲しい方、その旨書いてください。喜んで書きます。)
もちろん、どんなメッセージでも全部読みます。
"公開"でも"隠し"でも、皆さんのコメント、引き続き待ってます!
2007/06/16(土) 00:12:19 | URL | こうの #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tomboya.blog91.fc2.com/tb.php/77-3ca76397
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。