がんばろうな日々 ~浪人編~
3月3日、浪人決定――。 とにかくW大学に行きたくてたまらない、 そんな感じのブログです。 ご笑覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
切っても断っても寝ても醒めても
限界。

親父にiPodを送ってもらいました。
あー幸せだー(涙)。

***

音楽を聴くときは、"聴く!"って集中するようにしています。イヤホンを耳栓代わりに使うことはあっても、BGM的に流すことはあまりありません。メロディーと歌詞とを両方、キッチリと聴きたいからです。聴かないともったいない。

曲を作るとき、俺はまず詩を書きます。自分でやって初めてわかったんですが、詩作ってものすごい神経を使うんです。まずテーマがあって、書きたいことをザクザクザクっと並べていって、それから語呂・リズム・テンポの調節。限られた文字数で、しかも耳障りのよい言葉で、自分の思ったことを伝えなきゃならない。そりゃもう、メチャクチャ細部までこだわるんです。で、それに曲をつける。そこで"詩"が"詞"になるわけです。阿久悠さんなんて、本当に神としか言いようがないです。やっぱり凄すぎる。鳥肌総立ちです。

逆の人もいます。
例えば森山直太朗さんは、メロディーラインが最初に浮かぶことがあるそうです。自分の心情や、見た風景を表すメロディーを作って、それから"詞"を並べる。
俺からすると、なんでそんなことができるのか不思議でたまらんのですよね。やっぱり天性のセンスなのかなぁ。直太朗さんの叙情的な曲は大好きで、憧れなんですけどね。

***

で、そうこうして曲が形になるわけなんですが、ここで完成ってわけにはいかないんです。文筆家が推敲に推敲を重ねて作品を作るように(っていうと、プロの作家さんに失礼ですが)、気になる点は次々出てくる。これを叩いて、潰して、直して、師匠にツッコまれたりツッコミ返したりして、だんだん仕上げていくんです。自分の曲なんて穴だらけバグまみれの新作ゲームみたいなもんですから、散々叩かなきゃならんのです。出来た!と思っても、人様の前でやってみると酷い部分に気づくんです。

こんな感じで少しづつ育てる曲は、やっぱり愛着もわきます。何が言いたいかというと、やっぱり自分の曲が好きd(ry

***

曲づくりには、いろんな課程があります。
一般には
クラシック>>(越えられない壁)>>ポップス
って認識で、
これは動かし難い現実でもあるわけですが、色々考えるとね、ポップスも侮れない部分があるんですよ。
一語一句、一音一音を大事に聴くと、他のミュージシャンさんのこだわりとか、好みとかが見えてきて、勉強になります。面白いんです。

これからも音楽を大事に聴いて、大事に歌っていこうと思いました。まだまだ知らなきゃならないことが沢山あるなぁ。

………。

長文になってしまった。
急いで勉強に戻ります。

♪現実はーすまし顔でークルクル時計をまわすー

よっしゃ頑張ろぉぉう!!!!!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/02/08(金) 17:01:50 | | #[ 編集]
誕生日おめでとう
2008/02/08(金) 17:37:29 | URL | 名無し #-[ 編集]
『そらのうた』も『明日のきみに贈るうた』も大好き♪
こうのくん誕生日おめでとう♪
2008/02/09(土) 21:32:14 | URL | こうじもと #3jISyIMY[ 編集]
アニソンは素晴らしいと思うのです。
特撮ヒーローソングも大好きだぜ>>M

>>ALL
誕生日、俺はスッカリ忘れていました。
わざわざありがとうございます。
19歳になりました。
せいぜい頑張ります。
2008/02/09(土) 22:02:18 | URL | こうの #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tomboya.blog91.fc2.com/tb.php/246-2ed9ccee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。