がんばろうな日々 ~浪人編~
3月3日、浪人決定――。 とにかくW大学に行きたくてたまらない、 そんな感じのブログです。 ご笑覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いざ東京。
バスの中からの更新です。
夜行バスで、東京に向かっています。
いよいよ夏期講習。
受験戦争・夏の陣です。
ちなみにちょうど5か月前は、
早稲田入試の真っ最中でした。

***

その入試前日、俺は会場の下見に行きました。
そのときの話です。

地下鉄東西線の早稲田駅を降りて、
大学街を歩いて、
正門前に着いて、
大隈講堂を見上げた瞬間、
気がついたら、ボロボロっと泣いていたんです。

***

俺はここ3年間、
とにかく「早稲田に行きたいんじゃ!」
と言い続けてきました。
馬鹿だ無理だと言われても、
とにかく早稲田に行きたかった。
そしてその思いは行動に結びつかず、
去年はほぼ無勉強で入試を迎えたわけです。
何て甘いヤツなんだ。

でも思えば、
日東駒専C判定程度の学力しかなかった俺が
堂々と早稲田を受験したのは、
どこまでも考えが甘かったのか、
はたまた現実が見えていなかったのか。
それ以上に、理屈抜きに"早稲田!"って気持ちが
とにかく強かったんだと思います。

***

5か月前、大隈講堂の前で、
「俺、今の学力じゃ、ここに来れないんだ。」
って思った瞬間、
涙がこみ上げてきました。

バカだと思った。
泣くほど行きたいなら、
なんで勉強しなかったんだよって。

***

夏期講習の期間中には、
早稲田のオープンキャンパスがあります。
胸を張って、大学の空気を吸って、
そして来年は笑えるように、
東京で1ヶ月、頑張って戦ってきます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tomboya.blog91.fc2.com/tb.php/118-2b927760
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
大隈講堂大隈講堂(おおくまこうどう)とは、大隈重信像と並び早稲田大学を象徴する建造物。早稲田大学創立者・大隈重信を記念し、計画から約5年を経た1927年(昭和2年)10月20日に落成。高田早苗総長から、ゴシック様式で、演劇にも使える講堂をという要望があった。7階建
2007/07/27(金) 11:40:00 | 『ホール』全国一覧。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。