がんばろうな日々 ~浪人編~
3月3日、浪人決定――。 とにかくW大学に行きたくてたまらない、 そんな感じのブログです。 ご笑覧ください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
深夜番組的な更新
いきなり鼻血が出ました。
自分の部屋だったし、
誰かに見られるわけでもないので、
大ざっぱにちぎったティッシュを
盛大に鼻からはみ出させて詰めていたら、
突然入ってきた母親に大爆笑されました。
母曰く、
「根元がちょっと赤くなってたのがツボ」だったらしいです。
何だかとっても負け犬気分。

あ、今気づいたんですけど、
この話を
「少し固くなったティッシュを親に見つかって、
とても恥ずかしい思いをした」
って言うと、ちょびっと下ネタテイストだ。

どうでもいい話でごめんなさい。
次回の更新は、怒涛の東京編。
スポンサーサイト
なんか感動的な夜明け(後編)
(前回までのあらすじ…
タイムリミットは10:30。
それまでに何としても東京駅に着かなければならない。
確実に6時半のバスに乗るには、徹夜すべきか、寝るべきか…
その時、重大な決断を迫られた河野の目に、あるものが写った。
それは…)

それは、他でもないテレビのリモコンだった。
なんてこたぁない。
のんびりテレビでも見ながら夜を明かそうぜ、って。
それかよ。
(ちなみに、俺の実家にはテレビがありません。両親の方針で。)
でも俺、前に似たようなこと考えて、
ゲームのコントローラー握ったまま眠ってたことあるんだよなぁ。
だいじょぶかな、まぁいいや。
結局迷いなくテレビのスイッチをつける俺。
やってたのは、カウントダウンTV。
へぇ、カウントダウンTVって、
年末のカウントダウン特番だと思ってた。(本気で思ってました)

流れていたのは、鈴木あみ。
んでね、その時ね、ある光景が頭の中にフラッシュバックしてきたわけですよ。
長い前フリだったけど、ここからが本題。

浮かび上がってきたのは、ロッカールーム。
8年前、小学生の頃入ってた、
アイスホッケーのスポ少の、試合前の控え室の光景です。
岩手県盛岡市のアイスアリーナ。

俺の真横に座っているのは、2つ上の長野先輩。
先輩は友達と一緒に、
大好きな鈴木あみの可愛さについて
熱く語り合っています。
よく考えると、アンタらまだ小学生だろ。
スケート靴の紐を結びながら、
軽く口ずさんでいるのは『BE TOGETHER』。
その頃、ウチのチーム内では鈴木あみが大人気で、
鈴木あみを全く知らないのは俺だけでした。
周りはみんな、長野先輩に呼応して『BE TOGETHER』を歌い始めるし。
すんごい取り残された気分でした。

こんなことを思い出してるうちに、懐かしさがこみ上げてきて、
夜中に一人、ちょっとしんみりする俺。
しかし、
"ただ起きている"って行為も結構気合いがいるもので、
テンションが下がった俺は結局
あっという間に眠ってしまいました。

ハッと気がついたのは6時前。
やばい!と飛び起きて、着替えて、走って、
何だかんだで間に合いました。
今は無事、東京に向かってます。

…それにしても、半ば暇潰しで書いてたつもりなんですけど、
エラい長文になってしまいましたね。
しかも眠気のせいか、文章もグダグダです。
実は、今朝もブログのネタになるような出来事が
いくつかあったんですけど、
グダグダなんで、今日はこの辺にしておきます。

追伸
岩手県のアイスホッケーチーム、"水沢ドルフィンズ"の皆さん。
お元気ですか。
万が一、このブログを読んでいる関係者の方がいらっしゃいましたら、
是非、連絡ください。
俺は、大地とかと同じ学年です。
なんか感動的な夜明け(前編)
おはようございます。
突然ですけど、東京行ってきます。

何故行くのかというと、親戚の法事で。
何年か前に亡くなった、父方の大叔母の何回忌かなんです(アバウトだな)。
法事といっても大叔母はクリスチャンで、
しかも住んでた所は福岡なんで、
法事という法事ができるわけでもなく、
どちらかというと『しのぶ会』的な会食会。
せっかくなんで、普段集まれない親戚一同、
揃ってやりましょう、とこんな感じなんです。

まぁそれはさておき。
俺にとって重要なのが集合時間。
東京駅に、10:30迄に来てくれと言われました。
おいおい、無茶をおっしゃる。
いわきから東京まで、片道3時間半。
少し余裕をもたせて計算すると、6時半発の高速バスに乗らなきゃならん。
俺の家からいわき駅までは、普通バスで片道40分。
起きてからの準備時間を考えると、
おい、5時起きですか。

夜更かし&寝坊グセのある俺にとって
5時起きはまず無理。
いや、無理とか言っちゃいけないんだけど、
これはホント無理。だと思う。
なので、
駅の近くの、母方のばあちゃん家で一泊することにしました。

(今、よく考えれば、前日に東京入りしていれば良かった…
なんてことは全く考えないことにする)

とはいっても、起床は5時半。
起きられる保証は全くない。
無事起きられっかな~とか考えてるうちに11時。
風呂入んなきゃ~とかやってるうちに12時。
やべぇ、日記書かなきゃ~とかやってるうちに1時。
(この日記は、ホントの日記です。密かなマイブーム。)

おいおい、このタイミングで寝ちまったら、
結局起きるのが昼11時でした~、とか、そういうオチじゃねーか。
どうしよう。
このまま徹夜で朝を迎えるか、
それとも少しでも眠ろうか。
マジでちょっと悩んだ。
しかしその時、
俺の目に飛び込んできたものが!
それは………!!!

(後編に続く)
専門家
もうすぐ30歳の少年に「ちゃんと更新しろよ」ってハッパかけられました。
シャイな俺はもう赤面です。
今日も書きますよ。

さて、
マンガ面白い。
突然ですけど、浦沢直樹さんの『プルートウ』。
いや、面白いのはわかってたんですけど。
実際読んでみて、ホント面白い。

きっかけは、NHKの『プロフェッショナル』。
たまたま見たこの番組で、浦沢さんの特集をやっていたんです。
『プロフェッショナル』は
各界の第一線で活躍する人を紹介するドキュメンタリーで、
"プロ"の仕事ぶりに迫る!って感じの、
なんていうか、そんな感じの番組なんです。(紹介になってねーや)
なんでも、プロジェクトXと同じくらい評判が良いとか、そうじゃないとか。
で、その放送がなんか忘れられなくて、
それでどうしても読みたくなったんです。

特に印象的だったのが、浦沢さんの、絵に対するこだわりっぷり。
手足の描き方から表情一つひとつまで、
どんなに上手く描けても納得がいかなかったら書き直すんです。
何の変哲もない一コマに作者のこだわりが溢れていると思うと、
読む方も緊張しますよ。

最後の
「"プロフェッショナル"とはどんな人だと思いますか?」
という質問に、浦沢さんは
「締め切りがある人。
そして、その締め切りの為に、あらゆる努力ができる人。」
と答えていました。

将来、例えば10年後に何をしてるかわかんないけど、
俺も自分の仕事に誇りがもてる真のプロになりたい。
がんばります。
なんだってこんな名前に
今更ですけど、
mixiやってます。
モバゲーもやってます。
ニックネームは『ぶるりん』。
良かったら絡んでください。

さて、
『ブルリン』。
俺のあだ名です。
元々は、俺の落書きキャラの名前だったのが
そのままあだ名として定着しました。
改めて見るとすごい名前です。

絵のデザインは、中学の頃の2つ上の近藤先輩(だった気がする)。
名前を付けたのは、高校の2つ上の小松先輩(だった気がする)。
名前の由来は「なんかブルリーンってしてるから」だそうです。
ホントかよ。

名前を付けられた当時は演劇部の先輩を始め、
他校の友達までかなりの数の人が
俺のことを『ブルリン』と呼んでました。
今では誰も呼びません。
みんな『河野』と名字で呼びます。

『河野』って名字は少し珍しいので、
今まで親戚を除いては5人くらいしか見たことがありません。
あ、センター試験の会場で、一つ前の人が『河野』でしたね。
軽く感動しましたよ。

それで何が言いたいかというと、
名字は他人とかぶらないし、
しかも名前の『廣諭(ひろつぐ)』は発音がしにくい(ってか言いにくい)ので、
今まであだ名をつけられたり、名前で呼ばれることが無かったんです。
あだ名とか、名前で呼ばれるのに憧れてたんです。
うん。"隼平!"って呼ばれる鈴木君がうらやましい。

唯一、名字がかぶったのが小学生の時。
広島の小学校で、同じクラスに『河野ゆうた』君って人がいたんです。
これはチャンスだ!と思ったんですけど、
その時の呼び名も
彼は『ゆうた』。
俺は『河野』。
廣諭よりゆうたの方が呼びやすいもんね。
なんかもう泣きたくなった。

それで、高校になって、
初めてつけられたのが『ブルリン』。
ぶっちゃけ、嬉しかったです。
長年の呪縛から解き放たれたような開放感。
小松先輩、ありがとう。
これからも使います。ブルリン。

そういえば、先日のクラス会で
「お前のブログのコメント欄、鈴木ばっかだな(笑)」
って言われました。
見てんなら何か書いてよ。
でも見てくれるだけで嬉しいよ。ありがとう。
古本屋をさがせ
本が好きです。

好きとはいっても
常に何かを読んでるわけではなく、
突発的に読みたい時期というか、"読みたい周期"みたいなのが来て、
その時にまとめてガツッと読むような感じなんですけど。

ちなみに今、その周期の入り口みたいです。
ここ数年は全然なかったのに、突然読みたくなりました。
とりあえずお金もないし、図書館も遠いので、
今まで書った本を読み返すことにしています。

片付けしてたら、ホント色んなのが出てきました。
読んでます。
片付け進みません。

・海辺のカフカ
村上春樹氏の傑作長編。人間って深い。
小難しかったので、もう一度読むつもりです。
ちなみに村上氏は早稲田卒。

・腐女子彼女
人気ブログを書籍化したもの。これも面白かった。
彼女がオタクな大学生の話です。
最近こういう話多いなぁ。

・ホビット
指輪物語の前編的な小説。
指輪物語への伏線が満載です。
正直、指輪物語より好き。

・本当は恐ろしいグリム童話
小学生の時に買った気がします。
確かに恐い。恐いいけど、子供が読む本じゃない。
エロス。

・オンリー・ミー
三谷幸喜氏のエッセイ集。
正直笑った。
ツボです。

・ゴジラ
演劇の台本。ちょっといい話。
ゴジラと少女の恋物語です。
実は部室の備品。返さなきゃ。

・数学嫌いのための数学の本
確か中学生の頃、親父にもらった本。
結局数学嫌いで終わりました。
気が向いたら読みます。

・耳こそはすべて
ビートルズのプロデューサー、ジョージ=マーティンの自叙伝。
今読んでます。ビートルズの裏話満載。
音楽好きは必見。かも。

おもしろい。本最高。
スープ飲み放題
昨日は更新忘れました(;・ω・)
一度サボるとズルズルいくんだよなぁ。
以後、気をつけます。

引っ越し準備、なかなか終わりません。
なんかもう無理。
物理的に無理。
いや、無理とか言っちゃだめなんだけど。
働けば働くほど散らかってく気がします。
昨夜の作業中も、ホコリっぽいのが嫌で
上着を脱いで作業していたらいつの間にか寝てしまい、
明け方4時頃、寒くて目を覚ましました。
よく半袖一枚で風邪ひかなかったと思う。
明け方の風呂は気持ちよかったです。

ところで、
今日はクラス会でした。
今ちゃんはベストカップル
山さんは幼稚園
石井さんはホステス
平子くんはホスト
皆川さんは節子
沢木さんは帽子
さだくんは卑猥
エンタクくんはむっつり
怜くんはレンジャー
隼平はジャージ
すごく楽しかったっす。
宮のひと、うるさくしてゴメンナサイ。

みんな、見てるならコメント残してよ。
夢はでっかく一等賞
引っ越しの準備が着々と進んでいます。
いや、正確に言うと、
進んでいるのは部屋の片付けです。
きっちり掃除してから引っ越すぜってことで。
ぜんぜん終わりません。
いつものことさ。

押し入れの奥を片付けていたら、
昔の文集とかが出てきました。
懐かしいです。
俺が表紙を描いたヤツとかもありました。
ヘタすぎです。
たしか、クラス中から大ブーイング食らった記憶があります。
だって誰も描かないんだもん。

いちばんビックリしたのは、幼稚園の卒園文集。
よくこんなの残ってたな。
中身は文集っていうよりもイラスト集で、
それぞれの将来の夢を描いた絵と、
いくつかの質問と答えみたいなのが載ってました。
小学生になったら何をしたいか、とか、

へー、俺は何て書いたんだろう…とページをめくると。
いました俺。
すごいこと書いてました。

将来の夢→宇宙飛行士か医者

でかいな。
でかかったんだな、あの頃の俺。
俺、今は文系なんだ。
数学なんか2年前に捨てたよ。

小学生になったら→雑巾がけをしたい

なんだ俺。なんなんだ俺。
将来の夢は宇宙飛行士だけど、
雑巾がけには飢えてたのか。
そんなにきれい好きだったのか。

13年前の俺、ごめんなさい。
18歳の俺は文系で、数学嫌いで、
掃除が苦手で、しかも浪人中です。

ちなみに母に文集の事を言ったら、
「ああ、雑巾がけでしょ?」
と事もなげに言われました。
親の偉大さを思い知った気がします。
座布団サイズのホットケーキ
今日は朝から大騒ぎでした。

『広島カープファン倶楽部』の特典の、
会員証と特製メッシュジャージが届いたんです。
キャッホー。

俺は熱狂的なカープファン。
広島に住んでいた時に好きになったんですけど、
今では二軍選手までチェックする、コアなファンになってしまいました。
今回も、球団史上初めての
一般向けファンクラブってことで、
受付開始日(ちなみにセンター試験翌日)に申し込みました。

これから球場に行くときは、
メッシュジャージを着て、会員証を頭からさげていきます。

オタクっぽいですか?
オタクっぽいですね。

少し、オタクの人の気持ちがわかった気がします。
プルートウの2巻だけ手に入らない
帰還。いわきです。
やっぱり地元は良いです。

京都→いわきの高速バスが満席で乗れなかったので、
とりあえず京都→東京の夜行に乗って、
今朝のいわき行きに乗り換えて帰ってきました。

東京行きの夜行に乗ったのは初めてなので
色々と新鮮でした。
まず、乗るバスが二階建て。これはもう初体験。
あと、早朝の東京。
6時台の東京駅なんて初めてですよ。
(とても田舎者トークです)

東京駅についたのは6時半。
学生、早朝の東京、たくさんの荷物、サンドイッチと缶コーヒー。
なんか家出少年的ですね。
さて、大都会に思いを馳せる間もなく、
東京はバッチリ素通りです。
東京を素通りなんて、修学旅行以来ですね。
滞在時間30分はたぶん最短記録。
もうね、日本中を飛び回る
やり手の商社マンになった気分でした。

そんでもって、着いたのは朝10時。
総移動時間は12時間ですよウヒョー。
正直ヘトヘトです。
この時間まで粘りましたけど、
久しぶりに12時前に寝てしまいそうです。
一時帰還
今日は徹夜でした。寝てません。
勉強してたわけじゃないんですけど、なんか眠れませんでした。
これはアレか。
昨日昼過ぎまで寝てたから、そのせいか。

今日の夕方、家具が届けられました。
リサイクルショップで買ってもらった、小さな本棚とタンス。
さっそく名前をつけました。嘘です。つけません。
とりあえず雑巾でふいて、俺が使う予定の和室に置きました。
部屋に新しいものが入ると、新鮮な気持ちになりますね。
いよいよ始まるなって感じです。
一年間よろしくな。

さて、
今日の夜行バスで、一旦いわきに帰ります。
帰ったらすぐに引っ越し準備をして、
受験勉強を再開する予定です。
4月からは予備校がスタート。
いよいよ浪人生活。
時はあっという間に流れます。
時間はない。
気を引き締めなきゃ。

さてさて、
バスに乗る前にジュンク堂【-京都にある大きな本屋。ちなみにマンガは置いてない-】に寄って
『荻窪ルースター物語』を購入。
これは隼平に猛烈に薦められた本なんです。
アイツが本を読むなんてびっくりだ。
赤本とエロ本しか持ってないと思ってたのに。
時間見つけて読むぜ相棒。
ギザギザハートの
不思議な夢を見ました。

俺は、なぜか公園のベンチに座っています。
何か目的があるわけじゃないんで、ぼーっと座ってます。
ふと辺りを見回すと、
どこから来たのか3人の白人男性。
当然、全員知らない人です。

すると突然、
2人が殴り合いをはじめるんです。
いきなり体格のいいおっちゃんが立ち上がり、
振り向きざまにパンチをブロンド美青年の腹に見舞います。
ブロンド美青年も全く動揺せず、(ってか痛がる素振りも見せず)
わき腹に蹴りを叩き込みます。
そこからは、お互い殴る蹴るの猛ラッシュ。
大迫力、ノーガードの攻防。
もう格ゲー並みの動きです。
K-1をこえる闘いを間近で見た俺は大興奮。
嘘です。唖然として見てました。

最後はもう一人の男性が鮮やかに止めに入り、
なんかもう華麗に闘いを終わらせてしまいました。
それはそれですげーな。

うーん、今考えても不思議な夢でした。
誰か夢診断してください。



そういえば、結局○○○○はしませんでした。
明日こそ行きます。
運動不足解消
京都3日目。

今日から親父がいません。
岡山に出張らしいです。
本当は今夜のバスで帰る予定だったんですけど
誰かが妹の面倒見にゃならんってことで、
俺の滞在期間が数日のびました。
もうしばらく、京都準備編が続きます。
うひょー。

さて、
今日は散歩をしました。
散歩っていうか、散策。
この辺の地理を把握するために、
2時間くらいひたすら歩き回りました。
最寄りの地下鉄駅とショッピングセンターを確認して、
なか卯とかっこいい服屋さんも発見しました。
色々ありましたけど、どれも徒歩圏内。
4月からも快適に過ごせそうです。

明日は、少し遊びに行きます。
8年ぶりに○○○○をしてきます。
今から楽しみです。ウヒヒ。
やるべきことは
京都2日目。

いやあ、めっちゃ寝ました。
車のシートで一晩過ごした後だったので、昨夜はもう熟睡。
久しぶりに布団の中で朝を迎えた気がします。
布団っていいですよね。ふかふかで、適度な硬さと重みがあって。
ベッドもいいけど、俺は断然布団派です。

今日は、京大生のA先輩に会ってきました。
Aさんとは中学・高校が一緒で、通っていた塾まで同じ。
まさに直系の(?)先輩です。
今はバイトで塾の先生をしてるらしく、
こちらの事情にも詳しいということで。
予備校はどうするかとか、これまでの参考書をどう使うかとか。
参考になる話をたくさん聞くことができました。
A先輩、ありがとうございました!

それから、A先輩と別れて河合塾へ。
たまたま入塾説明会があるということで、

ちょうどいいやってことで参加して、
その場で即申し込んできました。
ちなみに、コースは『早慶大文系コース』。
模試の成績に応じた選抜があるらしいんですけど、
なんとか届いてたみたいです。よかった。
同じコースの人、春からよろしくね。

いやぁ、しかし
色々考えた迷った割には、意外とアッサリ決まりました。
最大の決め手は立地の良さ。
住む家から電車で一本なんです。
まぁ、真面目にやってれば、どこの予備校に通っても
おのずと成績は伸びるって話で。
あんまり深く考えないことにしました。
うし、やるぞ!

4月の頭にはクラス分けのテストがあるらしいです。
がんばりやす。
肉。
来ました、京都。
朝6時くらいに着きました。
(結局、車の中で眠ってしまいました。
3時ごろには寝てたらしいです。)

今日は、こっちでの生活の下準備をしました。
結構ちらかってたんで、とりあえず部屋の整頓。
それから簡単な家具を買いに行きました。

向かった先はリサイクルショップ。
『とりあえず1年間使えればいいだろ』っていうことで
中古のダイニングテーブルと本棚を購入しました。
いわきで使っていた学習机は京都に持っていかないことになったので、
これから一年はこの机で勉強することになります。
よろしくね。

今日の晩ご飯は吉野家でした。
相当腹が減っていたので
牛焼き肉丼の大盛と牛丼の並を一杯ずつ食べました。
吉野家の牛丼、復活してたんですね。
いわきの近所には吉野家がないので、
まったく知りませんでした。
また牛丼が食べられると思うと、ワクワクです。

先に食べたのは牛焼き肉丼。
ここの牛焼き肉丼は、美味い。
思えばアメリカ牛が輸入禁止になり、牛丼がなくなった吉野家で
はじめて食べたのがこのメニューでした。
ここの牛焼き肉丼。
それと、すき家の豚丼。
この2つは俺の中で、牛丼屋界の頂点に君臨しています。
いや、ホント美味しいんです。オススメ。

でも、
復活した牛丼はいまいちだったなぁ。
なんかパサパサで、量も少ないし、
昔のはもっと美味かったような気がする。
もうしばらく、牛丼ではく焼き肉丼を食べます。

………あれ。
そういえば、最近まったく勉強してないな。
まずいぞ浪人生。
そろそろマジで切り替えろ。
移動中な感じ
はい。
そんな感じで、今、京都に向かってます
そろそろ東京。
これから、夜通し車を走らせます。

運転席に親父。
助手席に俺。
じっくり親父と話す機会はあまりないんで、
結構アツく語り合います。
内容はスポーツ、哲学、果ては恋愛論まで。
親父はかなり本を読む人なんで、知識量がハンパじゃありません。
これだけ話せる中年も珍しいもんだ。

俺が『ブログ更新しなきゃ』って携帯電話を取り出したら、
「なんだ、最近は携帯で更新できんのか」と興味を示し、
そこから一気に情報社会の利点と弊害についてまで話が飛びました。
うん、すぐ食いつきます。

楽しい旅です。
たぶん今夜は徹夜ですね。
学習環境
今日は、塾に行ってきました。
先生に、京都での予備校選びを手伝ってもらいましたよ。

大手の予備校って、それぞれ特色があるんですね。
ぶっちゃけほとんど知らなかった。
今までは、なんかもう無条件に、
代ゼミが予備校界の最高峰ってイメージだったんですけど、
どうもそうでもないらしい。
むしろ俺には向いてないっぽい。
う~ん、やっぱりどこも一長一短あって、
調べれば調べるほど迷いますね。

まぁハッキリ結論は出なかったんですけど、
とりあえず、一度京都に行って
直接見てこよう、ってことになりました。
ってことで、明日、
親父が帰るのにくっついて、京都まで行ってきます。
春から生活するところなので、
しっかり見てきますね。
それと、現地では塾の先輩(京大生)とお会いして、
色々アドバイスしてもらうことにもなりました。

太郎先生、何から何まで、
本当にありがとうございます。
向こうでも頑張ります。

福島県いわき市の高校生の皆さん。
塾に行くなら学樹舎って所が最高らしいよ。
明日、親父が来るらしい
腹痛は全快しました。元気ハツラツです。
今日は、朝からソース焼きそばを食べました。
本当はお好み焼きにしようと思って買っておいた材料なんですけど、
手間がかかるので焼きそばに転換。なかなかおいしかったです。

さて、
明日、親父が来るらしい。
らしいっていうか、来るんですけど。
いや、知ってたけど、すっかり忘れてたぜ、みたいな。
週末は家族会議です。俺の浪人生活のこととかを話し合います。
たぶん、俺は春から京都で生活することになるんじゃないかなぁ。
慣れない土地で浪人生活ってのも怖いですけど、
ここはひとつ、頑張ります。
寂しいから、誰か遊びにきてね。

それにしても親父、
京都からはるばる、車で来るそうです。
ホントお疲れ様です。ありがとう。
朝から
腹が痛い…
今日は朝からずっと、トイレと布団を往復してます。
お腹はぴーぴーです。
なんのこっちゃ。

腹痛って、ツラいですよね。
俺はまだ、発熱とかの方が得意(?)です。
頭がぼーっとしてきて、何がなんだかわからなくなって、
寝て、起きて、気がついたら治ってる、みたいな。
腹痛はアレですよ。
意識ハッキリしてるから、もうダイレクトに痛いわけじゃないですか。
痛いから眠れないし。
逃げ場がないじゃないですか。
あーなんかもう何言ってるかわかんない。

たぶん原因は、お腹冷やして寝ちゃったせいです。
めちゃくちゃに寒いもん、今日。
にしても、こんなに長引くもんなのかー?

母ちゃん、今夜はお粥で。
現状
高校生活は最高に楽しかった。

ギターを始めて、
部活に没頭して、
ギター
部活
ギター
部活
ギター
部活、って感じの毎日で、
いい友達に恵まれて、
気がつけば彼女もできちゃって、
行事とかも楽しくて、
文化祭とか物凄い盛り上がって、
なんかもう、
青春ドラマのような
素敵な3年間でした。

(本当に楽しかったです。 出会ったみんなに感謝。)

…まぁ、ただし
成績は酷いもんで
赤点連発、
留年ギリギリ、

特に苦手の英語は酷いもので、
試験の度に友達に点数を聞かれて
教えた相手に安心感を与える的な、
「よし、ビリじゃなかったw」とか言われるような、
そんな感じの生徒でした。

入試は
行きたかった所は勿論、
下のランクの大学まで全敗。
滑り止めは考えてなかったので、
まぁそのまま浪人ってことに。
なんかもう、
悔しいっていうより、
情けない気持ちのほうが大きかった。
周りはみんな春から大学生なのに、
チクショー俺何やってんだ、と。

さて、
浪人が決まった3月3日。
親父(京都に単身赴任中)に電話したら、
ひとしきり慰められたあと、最後にこんな事を言われました。
『残り11ヶ月しかないんだから
 一通り落ち込み終わったら、勉強始めろよ』

…そうだ。
呆けていてもしょうがない。
今まで遊んでたんだ。そりゃ落ちる。
もう一年、腰を据えてやったろう。
うん、やったろう。
やるぞ。

そして、
そのまま本屋に飛び込んで、
日本史の参考書をひっつかんで、
俺の"浪人"がスタートしました。

こんな感じの浪人生活を、ブログでちまちまと、
息抜きを兼ねて書いていきたいと思います。
来年、堂々と合格通知をかっさらいます。
春まで、どうぞお付き合い下さい。

来年、早稲田で会いましょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。